アーユルヴェーダAyurveda

Introduction to Ayurveda
アーユルヴェーダのご紹介

3000年以上の歴史を持つ、インドの知恵を授かったアーユルヴェーダ。この言葉は、2つのサンスクリット語「アーユス=生命」と「ヴェーダ=科学」
から成り立っています。アーユルヴェーダの考え方の根底に流れるのは、エネルギーのバランス。「ドーシャ」と呼ばれる森羅万象を構成するエネルギーのバランスを正しい状態へと導く生命の科学です。
 
アーユルヴェーダによると、人間の体も、そして地球や宇宙も、5つの要素から成り立っているといいます。
「地(土)」「空」「火」「水」「風」。そして私たちはこれら5つの要素をそれぞれに組み合わせた性質を持って生まれてきました。
大人になり、現代社会のストレスに耐えて過ごす中で、その要素の構成バランスが崩れてしまうと、不調や病気になると考えられています。
 
アーユルヴェーダのドーシャ
「earth=地(土)」「air=空」「fire=火」「water=水」「ether=風」
 
これら5つの要素の主に2つずつが対になり、3つに分かれて、これをアーユルヴェーダのドーシャといいます。
その3つのドーシャとは「ヴァータ」、「ピッタ」、「カパ」と呼ばれ、それぞれ風気質、火気質、水気質を持つといわれています。
健康状態にあるときは、ヴァータ、ピッタ、カパの3つのドーシャがバランスを保っていますが、アーマ(不消化物=心と体の毒素)や、マラ(老廃物)を溜めてしまい、このバランスが崩れたとき、私たちは病気になってしまいます。
アーユルヴェーダは、そのドーシャのバランスを保つことを目的として、そのことによって病気を治し、また病気を予防し、健康の保持増進をしていこうとする「医学」です。
 
Vataヴァータ(空と風) / Pittaピッタ(火と水) / Kaphaカパ(水と地)
 
人間は、個人により3要素の強さの違いがあり、性格や体質の違いとして現れるといわれます。また、それに合わせた食生活、病気の治療法を提案するのもアーユルヴェーダの治療の一環です。また、ドーシャは1日、1年の中でも変化のサイクルがあり、一生の中でも変化していきます。
次のアーユルヴェーダ診断では、どのドーシャが突出しているか、また不均衡であるかを測定することによって、自分の本質と現在の精神状態を理解する目安となります。
 
RSS 2.0RSS2.0